iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

2016年のSEOはApp Indexing&AMP&モバイルフレンドリーに注目

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2015/12/25
[カテゴリ]SEO

2015年もSEOに関連した動きがたくさんありました。2015年の振り返りと2016年はどうなるのかということを、Google公式の動画「ウェブマスター・オフィス・アワー」で公開されました。

動画を全てご覧頂くのがベストだとは思いますが、約1時間の動画と長いので、このページでは重要な部分をザックリとまとめました。全ての情報をまとめたわけではないので、詳細は動画をご覧ください。

モバイルフレンドリー

まずは2015年の振り返りとして、サーチクオリティチームから人気があった内容を。

  1. 検索結果をもっとモバイルフレンドリーに
  2. “Google Search Console” – ウェブマスターツールが新しくなりました
  3. 検索ユーザーがモバイルフレンドリーページを見つけやすくするために
  4. Googleがお勧めするスマートフォンに最適化されたウェブサイト構築方法
  5. モバイルフレンドリーアップデートを開始します

トップ5項目中4つがモバイルフレンドリーに関する内容です。モバイルフレンドリーが注目された1年だったということが分かりますね。当サイトでもモバイルフレンドリーについては何度か取り上げました。

スマートフォンに最適化する方法はいくつかあります。Googleはレスポンシブウェブデザインを勧めているという話は聞いたことがあると思いますが、レスポンシブウェブデザインだけを勧めているわけではありません。どの方法であっても問題ないという点に注意してください。

そして、モバイルフレンドリーが重要であるという流れは2016年にも引き継がれるようです。今以上にスマートフォンの利用者が増加することが予想されますし、より快適にWebサイトが観覧できた方がユーザーにとって便利です。2015年にモバイルフレンドリーにするために頑張ったという方は多いでしょうが、常にユーザーにとって便利で使いやすいサイトになるようにしていく必要があります。

スポンサーリンク

App Indexing

2015年は『App Indexing』という言葉を聞くようになった年だと思います。このApp Indexingとは、モバイルでの検索結果にアプリのコンテンツを表示する仕組みを言います。

App Indexingチームから人気があった内容。

  1. App Indexing / App Indexing APIがランキング要素になりました
  2. ウェブマスターフォーラムでApp Indexingを日本語でサポートするようになりました
  3. iOS版のApp Indexingがローンチされました
  4. Validationのプロセスが改善され、FCF等が要件ではなくなりました
  5. App Only、App Streamingのテストが開始されました

今までは検索をした時に表示されるのはWebサイトがほとんどでしたが、スマートフォンやタブレットが普及するについれ、アプリの利用者・利用時間もかなり増加しています。その為かアプリのコンテンツも検索結果に表示されるようになりました。

つまり検索順位を競う際のライバルはWebサイトのみならずアプリも含まれるようなったということですね。またWebサイトだけを運営するのではなく、アプリへも参入した方が良いのではないかと考えさせられる変化でもありました。

2016年以降もApp Indexingの開発は進み、App Indexingがより重要な要素となってくるのは間違いないでしょう。いま「自分にはアプリなんて関係ない」と思っている方は多いかもしれませんが、そんなことを言ってられなくなる日も近いと思います。

AMP(アンプ)

さらに2015年は『AMP(アンプ)』という仕組みも登場しました!このAMPとは、AMPという仕組みに対応したWebサイト(モバイルサイト)を作成すると、検索結果に表示されたそのサイトをタップすると瞬時にサイトが表示されるというものです。

公式ページにデモ動画がありますので、どのようなものかをご覧頂いた方が早いと思います。
2016seo-01

AMPという仕組みもモバイルフレンドリーの一種と言っても良いのではないかと思います。検索結果に表示されたWebサイトをタップしても、すぐに表示されなければユーザーの満足度は下がってしまいます。よりユーザーが快適にWebサイトを観覧できる仕組みとして、2016年にはより一般的な仕組みになるのではないかと思います。

AMPがランキング要素になるという可能性もないとは言えないので、今後注目しなければならない仕組みですね。AMPの対応方法などは、また情報が集まり次第お届け致します!

※AMPへの対応方法を公開しました!