iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

過去の相互リンクも致命傷!ペンギンから回復するには

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/07/04
[カテゴリ]Web・IT, SEO

penguin2-1-img今回は久々にSEOについてです。

2013年10月のペンギンアップデート2.1によって沈んでしまったサイトを運営している方は少なくないと思います。私が運営するサイトでも影響を受けたサイトがありアクセスが大きく減りました。リカバリの目処が立ったので今回はその情報をシェアしたいと思います。

ペンギンアップデートって?

そもそも「ペンギンアップデート(ペンギンアルゴリズム)」って何?ということですが、これはGoogleがスパムの取り締まりや過剰なSEOを排除するためのアルゴリズムで、主に被リンクについて取り締まりを行っていると言われています。

例えばサテライトサイト(自作自演のサイト)からのリンクや過剰な相互リンクなどによって、自然発生的なリンクではないリンク(不自然なリンク)があることが問題になりやすくなります。今回のペンギンアップデート2.1は今までよりもそれら不自然なリンクに対してより厳しくなりました。

ペンギンの影響

過去のリンクにも注意

不覚にも私は3つのサイトで影響を受けました。その内1つは最近放置しているサイトで残り2つは更新も行っているサイトです。1つだけだと「どういうサイトが影響を受けるのか」が分からなかったかもしれませんが、3つも影響を受けたおかげで「影響を受けるサイトの共通点」を見つけることが出来ました。

まずどのサイトもこの数年は被リンク集め(相互リンクやサテライトサイトからのリンク)というのは行っておりません。むしろ自然発生的なリンクも増加している状況でした。しかしながら3つのサイトには共通点がありました。

その共通点は過去に相互リンクを一生懸命頑張ったサイトとういうことです。それも数年以上も前の話ですが、被リンクを確認してみると今でもそれらのリンクがしっかりと残っていました。しかも質の低そうなページからのリンクがたくさん!過去に行った相互リンクであっても、それらのリンクが残っていれば致命傷になり得ると考えられます。

ペンギンからのダメージを回復(リカバリ)するには、これらの被リンクを取り除くしかありません。

被リンクを確認する

最初はどのページからリンクされているのかを知るところからです。Googleのウェブマスターツールの[検索トラフィック]→[サイトへのリンク]→リンク数の最も多いリンク元の[詳細]をクリックします。
penguin2-1-02

ページが変わったら「最新のリンクをダウンロードする」から被リンク元ページのURLが記載されたリストをダウンロードすることが出来ます。
penguin2-1-03

どのリンクを取り除く?

被リンクを取り除けば良いと言っても、全ての被リンクがマイナスに働いているわけではありません。質の低い被リンクを取り除いていけば良いのですが、「質の低い」「質の高い」を判断するのは難しいですよね。

明確に「どのようなリンクならセーフ」というのはGoogleから提示されているわけではないので、ある程度判断基準を設定して取り除く被リンクを決めていかなくてはなりません。どのような被リンクを取り除くかの判断基準を列挙致しますのでご参考にして頂ければ幸いです。

  1. サテライトサイトからのリンク
    自作自演でリンクをしているのであれば、まず最初に取り除きましょう。自作自演のリンクが必ずしもアウトになるわけではありませんが、自作自演であることが絶対にバレない質の高いリンクであると断言できないのであれば削除します!
  2. 相互リンクページからのリンク
    相互リンクのためのリンクであることがバレバレなのが「相互リンクページ」に貼ってあるリンクです。特にリンク先ページの説明等がないようなアンカーテキストだけorバナーだけのリンクが羅列されている場合は要注意です。
  3. ファイル名が「link.html」からのリンク
    これは上記の相互リンクと同じ理由ですが、ファイル名が「link.html」のページって「相互リンクページ」である可能性が高いですよね。
  4. 他サイトへのリンクが多い
    相互リンクページでなくても、やたらと他サイトへのリンクが多いページからのリンク、特にフッターにアンカーテキストが羅列されている場合は注意してください。
  5. サイトワイドなリンク
    サイトワイドというのは同一ドメイン内のたくさんのページからリンクされていることを言います。よくあるのがブログサイトのサイドバーにリンクが貼られ、そのブログ全てのサイドバーにリンクが表示されているような場合です。

リンクの削除依頼と否認ツール

どの被リンクを取り除くか決まったら、被リンク元ページのサイトオーナーにリンクを削除してくれるように依頼していきます。連絡しても削除してくれなかったり、そもそも連絡先情報がなくて依頼できないという場合もあります。そのような場合はウェブマスターツールの否認ツールを利用します。
否認ツールの使い方はこちら

自分ではどうしても削除できない被リンクに対して使うツールなので、依頼できるにも関わらず面倒だからといきなり否認ツールに頼らないようにしましょう。

ペナルティ解除

取り除いた被リンクだけで十分でない場合はペナルティが解除されません。もしそのような場合には判断基準をより厳しくして再チェックしてください。

いま大丈夫でも注意

現状ペンギンのターゲットになっていないサイトであっても、いつ自分のサイトがターゲットになるか分かりません。もし被リンクを確認して怪しいものがあれば先手を打っておいた方が安心です。またスパムを取り締まるのはペンギンだけなくパンダもありますし、最近では新しいアルゴリズムとしてハミングバードが動き出しました。

SEOのためのサイトを目指すのではなく、ユーザーにとって有益なサイトを目指しコンテツに力を注ぎましょう。