iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!
Facebook twitter YouTube Feedly Feed

ブログの画像を直リンクで無断使用しているサイトを探す方法

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2018/07/11
[カテゴリ]Web・IT

ブログの画像が直リンクで無断使用しているサイトを探す方法

時間をかけて作成したイラストや撮影した写真も、インターネットだと簡単にコピーされたりパクられたりしてしまいます。写真やイラストなどの画像は自分の Web サイト/ブログに個性を与える重要なコンテンツの一つですが、その画像すら無断で使用されるのは腹立たしいですよね。

画像が無断で使用される中でも特に腹立たしいと思うのが「画像の直リンク」ではないでしょうか?画像の直リンクとは、自分がサーバーにアップロードしている画像を直接参照(表示)するものです。つまり無断使用されている画像が他のサイトで読み込まれる度、自分のサーバーに負荷がかかることになります。

また画像の直リンクでは今お伝えしたサーバーに負荷がかかることだけでなく、アンカーテキストで自分のサイトにリンクが貼られているのとは異なるので、直リンクされても何のメリットもありません。

何のメリットもないので、直リンクをしているサイトを見つけて撃退したいと思われる方もいらっしゃるでしょう。このページでは画像の直リンクを行っている不届き者を探す手順をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

直リンクで無断使用しているサイトを探す手順

では不届き者を探す手順です。まず Google 検索で下記のように検索をしてみてください。

mysite.com -site:mysite.com

「mysite.com」の部分は自分のドメインを記入してください。最初のドメインで「自分のドメインが入ったファイル/ページを検索する」という意味で、2つ目のドメインで「その中から自分のドメインを除外する」という意味になります。要は自分のページ以外のサイト内に、自分のドメインが含まれているものを検索することになります。

画像を特定のフォルダに入れている場合は下記のように検索しても良いでしょう。

mysite.com/images/ -site:mysite.com

WordPress を使用されているサイトであれば下記のようになります。

mysite.com/wp-content/uploads/ -site:mysite.com

画像検索に切り替えて探す

上記の検索結果が表示されたら[画像]タブをクリックして画像検索に切り替えてみましょう!
画像検索に切り替える

たくさんの画像が表示されていますね。どれか画像の上にマウスを置いてみてください。画像下部にサイズとどのサイトに画像があるのか表示されます。
画像の表示元を探す

上図の例だと「Naverまとめ」ですね。「Naverまとめ」などのキュレーションサイト(まとめサイト)で画像が使われることは多いです。まとめサイトに勝手に使われるのも嫌ですが、「Naverまとめ」の場合直リンクになっていないので今回はパスします。

「画像の表示元サイトを確認する → 直リンクになっているか確認する」を繰り返します。※画像の上で[右クリック]>[画像のアドレスをコピー]などで画像の URL が確認できますし、ブラウザの拡張機能(Image Size Info など)で表示することもできます。

すると・・・見つけました!!
パクられた画像発見

iPhone 修理のお店のブログで紹介されている LINE ネタ。当サイトで随分と前から紹介している記事なのですが、画像が当サイトのものです。しかも直リンク!このページにある記事内の画像全てが iscle で公開しているものでした。画像をパクるくらいなので、わりと文章もパクられています。

こんな感じで様々なサイトを確認してみると、見つかる見つかる・・・。

画像が直リンクされたときの対処方法は?

さて問題は直リンクを見つけた後にどのように対処するかですよね。下記のような方法があります。

  • サイト運営者に連絡をして使用をやめてもらう
  • 直リンク画像が表示されないように対処する
  • 別の画像に差し替えてしまう
  • DMCA を申請する
  • その他、損害賠償請求など・・・

優しい方であればサイト運営者にわざわざ連絡して「使わないでね」とお願いされるかもしれません。でも多くの方がそんな優しい対処じゃ納得できないくらい腹が立っているのではないでしょうか。

そのような場合2つ目の方法。そのパクっているサイトで自分の直リンク画像が表示されないようにしてしまってはいかがでしょうか?「.htaccess」ファイルにちょこっと記述するだけで簡単にそのようなことができてしまいます。具体的な方法は ischool さんのページに記載されていますので確認してみてください。
【.htaccess】リファラで、特定のURLから画像の直リンクを禁止する方法

3つ目の方法は、パクっているサイトにだけ画像を別のものに差し替えてしまうというものです。例えば「このサイトは画像を無断で転載しています!」と記載した画像にしたり、大人な画像にしたり・・・。ある意味嫌がらせみたいな感じになりますが、無断で直リンクする方が悪いわけですから。画像直リンク 差し替え .htaccessと検索してみると方法を紹介しているサイトがたくさん見つかります。

4つ目は DMCA を申請することです。DMCA というのは「デジタルミレニアム著作権法」のことで、デジタルコンテンツに関する著作権の基準となっているものです。「著作権を侵害されています!」と声を上げることで、DMCA に基づき問題のあるサイトが審査され Google の検索結果から表示されなくなります。

DMCA を申請するには Google の Search Console にログインしている状態で下記のページへアクセスして行うことが可能です。
著作権侵害の報告: ウェブ検索

DMCA申請の場所

その他にはサイト運営者に連絡をして損害賠償請求などをすることが考えられます。特にカメラマンやイラストレーターなど、画像そのもので収益を生み出しているような方であれば損害賠償請求くらいしたいと思われるかもしれませんね。

もしそうされる場合は証拠を残しておくことが大切です!パクられているところのスクリーンショットだけでなく、「ウェブ魚拓」を取っておいたり、ページのソースコードをコピーして保存しておいたりしましょう。

関連記事(一部広告含む)