iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

DFPの使い方で重要な「配信」と「在庫」って何?

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2016/06/23
[カテゴリ]DFP

DFPを使えばより単価の高い広告を配信できたり、純広告とアドセンス広告を同じスペースで配信したりと様々なことができるようになります。うまく使うことができれば収益アップに役立つツールです。既にアドセンスに登録されている方であれば簡単に申し込みは完了すると思います。

DFPへの登録は難しくありませんが、問題なのはその使い方です。アドセンスに慣れている方であってもDFPの管理画面はアドセンスと異なりますし、専門用語も異なるものが多くあります。このページではDFPを使うにあたって絶対に理解しなくてはならない「配信」と「在庫」についてご紹介致します。

DFPの「在庫」と「配信」とは

まずはDFPの管理画面にログインをしてください。下図のような画面が表示されると思います。上部のメニューにホーム配信在庫レポート管理者があります。アドセンスでは見慣れない「配信」と「在庫」というメニューがありますね。
dfp-order-01

DFPではこの「配信」と「在庫」が重要な役割を果たしています。

スポンサーリンク

DFPの「在庫」

在庫と聞くと「物を仕入れて手元にある数」をイメージしますが、DFPで言う「在庫」とは広告スペースや広告枠のことです。例えば、「サイドバー上部に設置する 300×250 の大きさの広告枠」というものですね。

DFPの「在庫」

DFPではまず、どのような広告枠を設置するかを「在庫」として設定します。設定するとタグを取得することができるようになり、これをWebサイトへ設置します。アドセンスの広告コードを設置するような感じですね。

「在庫」の設定方法は下記ページでご紹介しております。

DFPの「配信」

次に「配信」です。この配信ではWebサイトに表示させる広告の設定を行う場所を言います。上記の「在庫」で設定した広告枠に、どのような広告を表示させるかを設定するのです。

how-to-dfp02

アドセンス以外の広告ネットワークやアフィリエイト広告、純広告などを「オーダー」として設定することが可能です。

「配信」も具体的な設定方法は別ページでご紹介致しますので、このページではそれぞれがどのようなものかだけ覚えておいてください。