iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

「いいね!」をお願いするとfacebookページにペナルティ!

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/04/11
[カテゴリ]Web・IT

facebookページを活用して自社の商品・サービスを紹介したり、イベントを仕掛けたりして口コミを拡散しようと努力しているページはたくさんあります。「口コミ」「拡散」がfacebook等のSNSでの魅力ではありますが、その利用方法によってはペナルティを課すとfacebookにより発表がありました。
facebook公式ページはこちら(英語)

問題となる投稿とは?

今回の発表で問題とされているのは次のような投稿です。

  • [いいね!]を押してもらうことをお願いする。
  • 同じURLへのリンクを繰り返し投稿する
  • 同じ写真を繰り返し投稿する
  • ユーザーを騙して広告ページへ誘導する

どうしてダメなのか?

同じリンク・写真を繰り返して投稿するというのと、ユーザーを騙すというものについては、以前問題になったことがあるためでしょう。例えば可愛い子犬の写真と「このページ(URL)にもっと可愛い写真がたくさんあります」と謳った投稿を行い、たくさんの[いいね!]やシェアをされ多くのユーザーに拡散させます。ある程度拡散したところでリンク先の内容をセールスページ等に差し替えて誘導するというものです。

このような手法は明らかにユーザーを騙しているので、ペナルティが課せられたとしても納得がいきます。では[いいね!]を押してもらうことをお願いするのは何が問題となるのでしょうか。

例えばこの画像のように[いいね!][コメント][シェア]などをお願いする形式の投稿を見たことはないでしょうか?
fb-img

「どっちの写真が好き?」「どちらの商品が欲しい?」と投稿して、[いいね!]か[コメント]でユーザーに投票してもらう形式は結構見かけると思います。企業のキャンペーンなどでもよく使われますね。この形式では投稿に対して[いいね!]を押してもらうことでキャンペーン等に参加できるというものですが、何故このような投稿がダメなのでしょうか?

まず前提としてあるのがfacebookでの投稿は、アルゴリズムによってユーザーのニュースフィードに表示させるか否か・優先的に表示させるか否かを判断しているということです。いわゆる「エッジランク」と呼ばれる仕組みです(最近アルゴリズムも新しくなりました)。

簡単に言ってしまうと、ユーザーが興味を示しているページの投稿を優先的に表示するというものです。この“興味を示す”という要素は[いいね!]を押したりコメントをしたりしているかで判断しています。つまり多く[いいね!]されれば、それだけfacebook内での評価が上昇するため有利になるということです。

このような事情から[いいね!]をお願いする投稿にはペナルティを課すと発表したわけですが、現状このような投稿をしているページはたくさんあります。もしこのようなfacebookを活用したキャンペーンでペナルティが課せられるのであれば、facebookを活用するメリットが大幅になくなりそうです。