iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

Dropboxも2段階認証でセキュリティを強化しよう!

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/05/16
[カテゴリ]Web・IT

Dropboxにも2段階認証を!ネット上のサービスの多くは、アカウント名とパスワードさえあればログインが可能となり、個人情報や大切なデータの観覧・変更・公開設定を行うことができます。ログイン情報を把握しているのはアカウントの持ち主だけというのが普通ですが、ログイン情報が漏れて第三者が不正にアクセスする可能性がないとは言えません。

アカウント名もしくはパスワードの一方でも漏れたら、様々な英数字の組み合わせを手当たり次第入力され不正にログインされる可能性があります。

アカウントが乗っ取られ、大切な情報が盗まれたり悪用されないためにもセキュリティは強化しなくてはなりません。その強化方法として有効なのが2段階認証です。以前GoogleアカウントやWordPressのログインの際に2段階認証を利用する方法をご紹介いたしました。
Googleアカウントを乗っ取られないようにする設定『2段階認証』とは
WordPressで2段階認証を導入して乗っ取りから守ろう!

今回はクラウド・サービスで利用者も多いDropbox(ドロップボックス)で2段階認証を設定する方法をご紹介致します。写真・動画・仕事のデータなど、様々なファイルを保存するためにDropboxを利用されている方は多いでしょう。大切なデータが盗まれないように是非2段階認証を設定しましょう!

Dropboxに2段階認証を導入する方法

必要な物はパソコンと携帯端末(スマートフォン)です。まずパソコンからDropboxにアクセスしてログインしましょう。右上のアカウント名から[設定]をクリックします。
drop-2sec-img

[セキュリティ]タブの中にある2段階認証のステータスの[有効にする]をクリックして下さい。
ステータス

ポップアップが表示されるので[スタートガイド]をクリックし、次の画面でログイン時のパスワードを入力して[次]を押します。
drop-2sec-03b

[テキストメッセージを使用]と[モバイルアプリを使用]のどちらかを選択して認証ができます。テキストメッセージであれば携帯の電話番号を入力して送信されるコードを入力することで完了します。モバイルアプリを使用する場合は、GoogleアカウントやWordPressで使用したアプリを利用した認証が可能です。

今回はテキストメッセージを受信しなくても良いアプリを利用します。[モバイルアプリを使用]を選択するとQRコードが表示されるので、対応アプリで読み取ります。
※アプリについてはこちらをご参考ください。
https://support.google.com/accounts/answer/1066447?hl=ja

読み取ると一定時間ごとに切り替わるセキュリティコードが表示されるので、そのコードを入力して[次]をクリックします。
drop-2sec-06

次の画面では、スマートフォンを紛失した場合に予備のセキュリティコードを送信するための電話番号が登録できます。念の為にしておくことをお勧めします。

緊急用のバックアップコードが表示されたら、それをメモして[2段階認証を有効にする]をクリックして完了です!
drop-2sec-07

これでログインする際にメールアドレスとパスワードだけでなくセキュリティコードも要求されるので、アプリに表示されるコードを入力してログインすることになります。あなたの大切なデータを守るためにも是非利用してみてください!