iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

格安SIMのDMM mobileに乗り換えた!メリットや設定方法など

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2015/10/03
[カテゴリ]Web・IT

dmm-mobile

あなたはスマホをDocomo・Softbank・au等のキャリアで契約して利用していますか?それとも格安SIMを提供するMVNO業者を利用していますか?私は約2年前からOCNが提供する格安SIM『OCN モバイル ONE』を利用し、スマホの通信費が月1,300円~1,500円となり、かなりの金額を節約できています。格安simのメリットとデメリットについては以前ご紹介した記事をご確認ください。

さて今回、今まで利用していた『OCN モバイル ONE』からDMMが提供する『DMM mobile』に乗り換えました。『OCN モバイル ONE』でも特に不満はありませんでした。ただ私が契約した時は 090・080・070 の電話番号が使えない「データSIM」しかなかったので、電話はNTTの『050 plus』を利用しています。

ただ 050 の番号からは電話をかけることができない所があるというデメリットがあります(例えば110番や119番にかけれまえん)。そのため、090・080・070 の電話番号が持てる「通話SIM」に変更しようと思いました。

今はどこのMVNO業者でも、090・080・070 の電話番号が使える「通話SIM」を取り扱っています。Docomo・Softbank・au等のキャリアで取得した電話番号であっても、MVNO業者へ番号ポータビリティによって使い続けることが可能です。

『OCN モバイル ONE』でも通話SIMが提供されているので、そのままOCNでも良かったのですが、せっかくなので自分により合っているMVNO業者を探しました。その結果、【 DMM mobile 】に乗り換えたということです。

スポンサーリンク

DMM mobileのメリット

どこのMVNO業者であっても、それほど料金体系は変わりません。ただDMM mobileは高速データ通信量によって細かく料金プランが分かれており、自分が必要な容量に合わせることができます。

私の場合は月に1GBを超えることがないので、1GBプランの通話SIMを利用して月1,260円だけで済みます。3GBプランであっても1,500円と他業者と比較しても格安です!プラン変更も無料で行うことができます。
dmm-mobile-01

また余った基本データ通信量は翌月へ繰り越すことができます。もし通信量を超過して低速通信になってしまった場合でも、最初の一定量だけ高速通信で読み込みを行う「バースト機能」があるので快適にネットサーフィンができるのです。

DMM mobileの設定方法

DMM mobileに申し込むとSIMカードが送付されてきます。
dmm-mobile-01

これをスマホに挿入し、DMM mobileの回線でネットが使えるように設定を行います。(以下設定時Android5.1.1での操作手順/端末Nexus5)

まず端末の設定>[無線とネットワーク]内のもっと見るモバイルネットワークをタップ。
dmm_mobile05
アクセスポイント名>右上の“(+)”アイコンをタップ
dmm_mobile07

下記のように入力します。

  • 名前:任意(DMM mobleなど)
  • APN:dmm.com
  • ユーザー名:dmm@dmm.com
  • パスワード:dmm
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP

dmm_mobile08

いま作成したAPN(DMM mobile)を選択すれば完了です!ネットに繋がるか確かめてください。
dmm_mobile03

問題なく繋がれば、あとは今まで契約していたキャリアやMVNO業者との契約を忘れずに解約しましょう。

関連記事(一部広告含む)