iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

WordPressサイトで検索結果に著者情報を表示させる方法

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2015/06/23
[カテゴリ]SEO, Wordpress
現在Googleの検索結果では著者情報が表示されなくなりました。今後復活するかは分かりません。

先日ご紹介した【Googleで聞いたサイトを中長期的に成長させるポイント】のセミナーにおいても「やった方が良い」と紹介されたことに、著作者情報を表示させるということがありました。著作者情報を表示させるというのは、Googleで検索をした際に、検索結果に顔写真入りで表示されるものです。
著者情報の表示例

顔写真入りで表示されることで、ユーザーへの信頼度を上げることが可能です。また上図のように表示されていたら、やっぱり目立つのでクリックもされやすくなります。著者情報を出したくない場合を除けば、おそらくデメリットになることはないので、ぜひ表示させるための設定を行いましょう!

著者情報を表示させる設定方法

著者情報を表示させるためには下記の設定を行わなくてはなりません。これはWordPressのようなブログサイトであっても、普通の手打ちサイトであっても変わりません。

●Google+の設定
●サイト側の設定

今回は利用者の多いWordPressでの設定方法をご紹介いたしますが、他のサイトでも同様の設定で可能です。

Google+の設定:寄稿先

Googleの検索結果に著者情報を表示するにはGoogleのSNS『Google+(グーグル・プラス)』の設定を行う必要があります。もしGoogle+を利用していないのであれば、是非この機会に始めてみましょう!

Google+にアクセスしたら[プロフィール]>[基本情報]に移動しましょう。[リンク]の項目にある[編集]をクリックしてください。
プロフィールの設定 リンクの編集

[寄稿先]にある[カスタムリンクを追加]をクリックして、著者情報を表示させていサイトのラベル(サイト名)とURLを記入して[保存]します。
リンクの追加

Google+の設定:顔写真

上記の寄稿先を登録するだけではダメで、Google+で顔写真を登録しなくてはなりません。もちろん本人の写真であり、はっきりと顔が分かるものでなければならないようです。

[プロフィール]の写真をクリックすれば変更・登録ができます。
顔写真の登録

サイト側の設定(WordPress以外

著者情報を表示させるページのHTMLソース・headタグ内に下記のコードを記載します。※あらかじめGoogle+のプロフィールページURLをコピーしておきましょう!

<link rel=”author” href=”Google+のプロフィールページURL” />

サイト側の設定(WordPressの場合)

■プラグインを利用する方法
WordPressを利用している場合は、自動でコードを挿入させることが可能です。まずはプラグイン『All in One SEO Pack』を利用する方法です。『All in One SEO Pack』の[General Settings]に入り、[Google Setting]の[Google Plus Default Profile]にGoogle+のプロフィールページURLを記入します。
プラグインで設定する

■ユーザーの管理で設定する方法
このサイトiscleでもそうなのですが、投稿者(ライター)が複数存在している場合は、ページ毎にその投稿者の著者情報を表示させたいものです。そのような場合は[ユーザー]から設定します。

[ユーザー]>[ユーザー一覧]から設定したいユーザーの[編集]をクリックしてください。
ユーザー一覧

[ユーザーの編集]の中にある[Google+]の項目にGoogle+のプロフィールページURLを記入しましょう。
ユーザー編集から

WordPressのテーマ内「header.php」のheadタグ内に下記のコードを入力してください。※テーマ・入れているプラグイン・WordPressのバージョン等にによっては、下記のコードを入力しなくても良い場合があります。

<link rel="author" href="<?php the_author_meta('googleplus'); ?>" />

これで各ページの投稿者の著者情報を表示させることが可能です!

「構造化データテストツール」で確かめる

正しく設定できたかをGoogleウェブマスターツールの「構造化データテストツール」で確かめることができます。
https://www.google.com/webmasters/tools/richsnippets

上記URLにアクセスし、確かめたいページURLを記入して[プレビュー]をクリック。著者情報が正しく表示されていれば問題ありません。