iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

秘密のメッセージも『Allo』のシークレットモードなら安心!

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2016/09/26
[カテゴリ]Googleサービス, アプリ

AI機能も搭載しているGoogleのメッセージアプリ『Google Allo』はお使いになっていますか?AIによる「スマート リプライ」では自分らしい返信内容の候補をいくつか提案してくれる便利な機能があったりと、他のメッセージアプリとは異なる特徴があります。

スマートリプライ

さらに便利な特徴と言える機能として「シークレットモード」があります。Chromeブラウザでもシークレットモードはありますが、『Allo』のシークレットモードはどのようなものなのでしょうか?今回は『Allo』のシークレットモードの機能をご紹介したいと思います。

『Allo』のシークレットモードとは

「ちょっと秘密にしたい内容を話したい。」
「暗号化されたメッセージを送りたい。」
「一定時間経ったらメッセージを削除したい。」

あなたも上記のように思われたことはないでしょうか?実は『Allo』のシークレットモードでは上記のようなことが可能なのです。

スポンサーリンク

シークレットモードの特徴

1.エンドツーエンドでメッセージが暗号化される
2.通知でメッセージ内容が分からないようになっている
3.メッセージの有効期限を設定できる

メッセージの送信から受信まで内容は暗号化されるので機密性が高くなります。また通常のメッセージが来たときの通知画面では、そのメッセージ内容の一部が表示されるようになっていますが、シークレットモードで送信されてきたものは「新しいメッセージが1件あります」と表示されるので内容が分からないようになっています。

(通知画面)
通知ではメッセージ内容非公開

(Alloのメッセージ一覧画面)
allo-secret-04

面白いのがメッセージに有効期限を設定できることです。シークレットモードのメッセージ画面右上にあるタイマーアイコンをタップして、5秒という短い時間から1週間まで期限を設定することが可能です。※期限をオフにすることもできます。
期限の設定

例えば1分に設定した場合、送信者は送信してから1分経過するとそのメッセージが自動的に消えます。受信者は受信してメッセージを開いてから1分経過後に自動的に消えます。
期限付きメッセージ

期限経過により削除されるものはテキストだけでなくステッカーや画像も含まれます。やり取りの内容を残したくないような場合に便利な機能ですね!

関連記事(一部広告含む)