iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

アメブロは商用利用禁止。アフィリも企業の利用もNGか!?

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2016/02/20
[カテゴリ]Web・IT, ビジネス

ameba多くのタレントが利用して知名度が大きく、さらに無料で使いやすいと評判のアメブロ。

企業でも「スタッフブログ」のような感じで利用したり、サービスを紹介するために利用している方も多いでしょう。個人の方でもアフィリエイトのために利用している方も多いですね。

しかし、多くの方が当たり前のように商用利用をされていますが、その利用方法は規約に違反していませんか?

利用規約というのは割と頻繁に変更されているのですが、先日の変更点で、今まで大丈夫だった利用方法がNGになった(もしくはNGの方向へ進む)可能性があります。

スポンサーリンク

アフィリも企業の利用もNGになる!?

まず今回お話したい重要な規約部分を見てみましょう。

商業用の広告、宣伝を目的としたブログの作成(但し、弊社が認めている範囲のもの及び弊社タイアップ等は除く)

③弊社が許可したものを除き、営利、非営利目的を問わず、物やサービスの売買、交換(それらの宣伝、告知、勧誘を含む)を目的とする情報の送信等(物品を販売し、又は契約を締結させることを目的とする無料セミナーの情報の送信等を含む)

⑤本サービスの全部又は一部の利用権をもって、現金その他の財物、財産上の利益との交換取引をすること、もしくは交換取引をすることの宣伝・告知・勧誘する行為

これは「サービス利用ガイドライン」の「(4)弊社の承諾のない商業行為」の中にある項目です。

今回の変更前までは、「他の利用者に迷惑にならない範囲の商用利用であれば問題ない」という感じであったため、多くの方が商用利用目的でブログを利用してきました。

しかし今回の変更で、「ほぼ商用利用は認められないようになった」と考えた方が良いでしょう。

まずブログ上で物やサービスを売買、交換する行為は禁止です。これは明らかな商用利用ですので分かると思いますが、「無料セミナーの情報の送信」も含まれています。直接お金が動かない“無料セミナー”であってもNGなのです。

また、「商業用の広告、宣伝」や「財物、財産上の利益との交換取引、もしくは交換取引をすることの宣伝・告知・勧誘」という文言があることから、ブログ上では直接お金のやり取りをしないようなものであっても、ブログを通すことによって結果的にお金が動くような場合はNGと考えることができます。

ですから企業が商品やサービスを宣伝するのはもちろんのこと、アフィリエイトであってもNGになる可能性が十分あるわけです。

今すぐ商用利用しているブログが削除されるとは思いませんが、アメブロとタイアップしていない企業であれば、いつ削除されても文句は言えないという状況です。

商用利用であれば無料ブログは使わない

無料ブログというのは金銭的リスクがないので、多くの方が気軽に始められるというメリットがあります。しかし、企業が利用していくにはリスクがあります。

多くのアクセスやファンを増やすことができるようになったとしても、今回のように規約が変更されるだけでアウトになるという大きなリスクです。

これはアメブロに限ったことではありません。しっかりと運営するブログを作っていくのであれば、WordpressやMovable Typeようなブログシステムを入れて運営していくことをお勧めします。

関連記事(一部広告含む)