iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

Googleマップにお店を載せる&上位表示で集客に使う方法

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/07/04
[カテゴリ]SEO, Web・IT, 商品・サービス

「地域名+ジャンル」などで検索した時に、次のように検索結果にGoogleマップが表示されているのを一度は見たことがあるでしょう。このGoogleマップには検索した地域周辺のお店情報等が掲載されるので、ここに載せることができたら集客力アップにもつながります。ではどのように表示させるかご存知でしょうか?

Googleマップにお店を表示させるためには【Googleプレイス】へ登録するだけと簡単です!
Googleプレイス「おみせのオーナーの方へ」

[オーナー登録する]のボタンをクリックしましょう。※Googleアカウントが必要です。
Googleプレイスへ登録

[利用規約]にチェックを入れ[続行]をクリック。
google-map-shop-02

検索ボックスに地域名とお店名を記入して検索します。お店が表示されたらそれをクリックし、もし表示されなければ「いずれも一致しません」から登録します。
地域名とお店名で検索

いわゆる本人確認の項目が表示されます。登録されている電話でコードを受け取るか、登録されている住所にはがきを送付してもらいコードを受け取る方法があります。※確認は後で行うことも可能です。
コードを電話かはがきで受け取る

するとお店用のGoogle+ページが自動で作成されます。そこでお店の情報を入力すれば良いのですが、Google+ページまで管理したくないという方は、先ほどの「いずれも一致しません」から登録します。

「いずれも一致しません」をクリックするとビジネス名や住所等を入力する欄が表示されます。下記の「上位表示させる方法」に気を付けながら入力して下さい。
住所等の入力

Googleマップで上位表示させる方法は?

Googleマップに登録したからといって、必ずしもマップ上で上位に表示されるわけではありません。登録した地域にライバル店が多ければ表示されない可能性もあるわけです。ではどのようにしたら上位に表示されやすくなるのでしょうか?ここでは上位に表示されやすくするためのポイントを紹介します。

1.ビジネス名(店舗名)にキーワード

ビジネス名を記入する欄は店舗名だけでなくジャンル等のキーワードを含めます。例えば“新宿で居酒屋をやっているイズクル”というお店の場合、[イズクル 居酒屋・新宿店]という具合です。一般のSEOでいうタイトルタグの部分に相当すると考えられます。

2.電話番号・住所等を一致させる

ホームページ上に記載している住所と、GoogleプレイスやGoogle+ページに登録する電話番号・住所等の情報は完全に一致させましょう。例えば電話番号が「06-5678-1234」だっと場合、「(06)5678-1234」ではなく「06-5678-1234」に統一しましょう。また営業時間など可能な限りお店の情報は詳細に記入します。

3.適切なカテゴリを選ぶ

お店のジャンル・カテゴリに合った適切なものを選択します。例えば「飲食店」ではなく「居酒屋」など。

4.紹介文にキーワードを入れる

Google+ページ等でもお店の紹介文は詳細に、そして地域名やカテゴリ等のキーワードを入れましょう。

5.外部サイトから紹介される

SEOで言えば被リンクに相当するものですが、Googleマップの場合はリンクを貼られる必要はありません。店舗が紹介されることが重要です。例えばブログ等で口コミとして紹介されるのはもちろんのこと、ホットペッパーやぐるなびなどの情報サイトも含まれます。ここで大切なのが登録した住所・電話番号等の情報と、外部サイトで紹介されている住所・電話番号等の情報が一致しているかどうかです。

もし外部の情報サイトに店舗情報を登録しているのであれば、住所・電話番号等の情報が一致しているか確認しましょう。